チベット

2014年4月19日

 

第一回仏像拝観ツアーに行って参りました。京都の龍谷大学龍谷ミュージアムに「チベットの世界 もうひとつの大谷探検隊」というチベット展を拝見しに行って参りました。

 

二階、三階と仏像、仏画等が広がっているのですが、いきなり我々を迎えてくださったのが、持金剛仏という仏様でした。金剛薩埵や普賢菩薩とも同体とされる仏様です。図録では同じ仏様を拝見したことがあるのですが、思っていたよりも大きかったのには驚き、またその素晴らしさには大変感動いたしました。

 

他にも数多くの素晴らしい仏像がおられ、それぞれの迫力に、圧倒されてしまいました。

 

三階に上がりますと、数多くのお釈迦様の絵伝(タンカ)が並べてあり、一つ一つにお釈迦様の生涯のエピソードが細やかに描かれており、素晴らしい仏伝図でした。

 

次に場所を移動しまして、東寺(教王護国寺)にお参りに行きました。

 

春期特別拝観が開かれており、東寺の密教工芸や、観智院というお堂の様々な寺宝を拝ませて頂き、改めて仏像の素晴らしさに気付かされました。

次に場所を移動しまして、京都の東寺(教王護国寺)にお参りに行きました。

 

春期特別拝観が開かれており、東寺の密教工芸や、観智院というお堂の様々な寺宝を拝ませて頂き、改めて仏像の素晴らしさに気付かされました。