インド2

2014年9月1日


デリーから南西に約260km移動しまして、宝石の町として有名な、ジャイプールの「シティパレス」です。

 

現マハラジャの住居であり、一部が博物館になっています。

 

孔雀が鮮やかに立体的に彫られています。

ギネスブックにも登録されている、世界一大きい銀製品です。

 

1902年、マハラジャが、イギリスに旅行に行く際に、この銀の壺にガンジス川の水を入れ、沐浴していたようです。


「シティパレス」に隣接する巨大な天文観測機器「ジャンタル・マンタル」です。

 

インドの他の場所にもあるようですが、特にジャイプールのものが観測機器も多く、大きいそうです。



同じくジャイプールの「風の宮殿」です。

 

 

この宮殿の内部は貴婦人が中から外をのぞくための穴があいており、大小約1000もあるそうです。

 

 

「シティパレス」、「ジャンタル・マンタル」、風の宮殿はお互いが近いので、観光するにはとても便利です。


非常に複雑なつくりをしており、どうやって出口に行けばよいかわからなくなりました。

 

また高さもあり、非常に眺めが良く、敷地内から「シティパレス」、「ジャンタル・マンタル」等が見ることができました。


あちらこちらにのぞき窓があります。

外を眺める為の穴が無数にあいています。

上から下を見下ろせるように、角度がついているのには驚きました。