阿修羅像

2014年9月14日(土)

 

約三か月ぶりに「第三回仏像拝観ツアー」に行って参りました。

 

今回は奈良に行って参りまして、興福寺、奈良国立博物館、法隆寺、中宮寺にお参りしてきました。

 

朝の奈良は割りと涼しく、三連休の初日にも関わらず、道も空いていました。

 

海外からの観光客と思われる方々が、鹿に餌をやっているのをみると、「奈良に来れた」という気がします。

素晴らしい天気で、暑さ寒さも彼岸までとはいいますが、とても心地よかったです。

 

左手には国宝館が見えるのですが、今回残念ながら時間の都合で行くことが出来ませんでした。

 

中には有名な阿修羅像がおられます。

 

今回9月15日までに予定が空くか心配だったのですが、なんとか醍醐寺の素晴らしい仏様を拝めることが出来ました。

 

どれも素晴らしい仏様ばかりですが、如意輪観音や快慶作の弥勒菩薩の前では特に人だかりが出来ていました。

 

五大明王を目の前にすると、凄く迫力がありました。

 

また法具では、日本では珍しい九鈷杵があり大変興味深かったです。

 

これだけの仏様をお運びするには,、そうとう大変だと思いますし、今回行くことが出来て本当に良かったです。

 

 

法隆寺にやってきました。

 

世界最古の木造建築のお寺ということで、大変驚かされます。

 

美しい五重塔です。

 

有名な釈迦三尊像のお顔は当時の特徴的な切れ長の目をされています。

 

今回は夢殿におられる救世観音様にはお参りが出来なかったのですが、百済観音様にはお参りすることが出来ました。

 

もちろん全体のお姿もそうですが、あの水瓶を持たれている左手にもなんとも言えない美しさや有難さを感じてしまいます。

 

今回も大変勉強になりました。次回の予定は未定ですが今から楽しみです。

 

ご参加有難う御座いました。