巨大な弥勒磨崖仏・女性的な美しさの五重塔

2015年5月30日(土)

 

奈良の近鉄線、室生寺口大野から徒歩5分ほどの所にある「大野寺」様にお参りさせて頂きました。

 

宇陀川の対岸に像高約11.5mの弥勒磨崖仏がおられました。

 

30mを超す大岸壁を二重円光に切り込んであるそうで、この大きさには圧倒されます。

 

川の対岸は、彼岸であり弥勒の浄土であるそうです。

 

桜の季節にも、またお参りさせていただきたいです

次に女人高野「室生寺」様にお参りさせて頂きました。

 

この太鼓橋を渡ると境内です。

仁王門をくぐると左側にバン字池があります。

 

池にはイモリがたくさん泳いでいました。

お堂には、様々な素晴らしい仏様たちが祀られており、金堂におられる仏様は、板光背に美しい彩色が施されていました。

 

また日本三大如意輪観音の一つと称される観音様にもお参りすることが出来ました。

五重塔は、近くに行ってみるとその小ぶりなサイズには驚かされました。

 

しかしながら非常にすっきりとした印象で、このような美しさは他に類を見ないのではないかと思います。

 

この後、階段を上がって奥の院にお参りさせて頂いたのですが、運動不足がたたって足ががくがくぶるぶる震えだしました。


奥の院では僧侶の方が、これから拝まれるところでした。


このような素晴らしい所で、拝んで頂けるのは非常にありがたいことだと一緒に今回お参りに行って下さった方と話しておりました。


帰りはちょうどバスが行ってしまった後でした。

 

バスは一時間に一本だったので、少し川を眺めながら休憩をしてから帰りました。


今回も最高のお寺巡りでした。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Harold Lettinga (金曜日, 03 2月 2017 14:36)


    Do you mind if I quote a couple of your posts as long as I provide credit and sources back to your blog? My website is in the exact same area of interest as yours and my visitors would genuinely benefit from some of the information you provide here. Please let me know if this okay with you. Thanks a lot!